« 東京 | Main | 万博と蛍 »

May 27, 2005

郵政民営化のことなど

郵政民営化に関して,竹中氏が「日本郵政公社が、保有する340兆円の資金を民間で活用する道を開く」と発言されたようです。これって,「民間にも(財務省?)に,分け前をよこせ」といっているだけではないですか?
民営化によって,本当によくなるのですか? 大体民間の金融がしっかり正気を保っていたら,いまの銀行の悲惨はなかったはずです。
もっとも,政治家と官僚による利用が,郵政の民営化によって,民間に広がるだけかもしれません。貸したお金が返ってこなさそうなのは変わりない? 銀行の不良債権処理を見ればわかりますね。庶民のお金なんて取りたい放題かもしれません。

定率減税はなくなりましたが,同時期に導入された高額所得者減税や法人減税は廃止されそうもありませんね。

そういえば,フィリピンで,終戦から60年たって日本兵が2人みつかったという報道がありました。おふたりにとって20歳台からの長い長い戦争でした。
フィリピンで旧日本兵発見と聞いて,高齢化が進んでいるとはいえ、もしかしてと思った遺族もあったのでは。私の叔父,明治神宮外苑の雨の学徒出陣組,昭和20年4月フィリピンで死亡と聞いています。私も、もしかしてと思いましたが島が違いました。終戦まで、8月15日まで4ヶ月でした。生きていて欲しかったと思います。文科の学生で文弱の徒だったのでしょう。お国のためには,たいして役立ったような気がしません。弾も食料もない中での戦病死と伝えられていますので,悲惨な最期だったのでしょう。馬や鉄砲より安い消耗品としての一銭五厘組や学徒出陣組みとエリート職業軍人では,生きている間だけでなく死んでからの待遇にも、年金から叙勲から格段の差があるようです。もっとも、軍隊は厳格な階級性ですから。
勇ましい関東軍の高級将校連が,回線前に何をしたかも問題ですが,なにより終戦前後に何をしてきたか,そういう人々と一銭五厘を一緒に祀ること事態に,強く違和感を感じます。そういえば,現在の内閣にも戦前の指導者の親類縁者子孫がいますね。

発見されたおふたりには,フィリピンから無事に帰ってきて欲しいと願います。まだ,他にも何人かということですが,その人たち発見され無事にお帰りいただきたいものです。

|

« 東京 | Main | 万博と蛍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76764/4299722

Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化のことなど:

« 東京 | Main | 万博と蛍 »