« 郵政民営化 | Main | 在日米軍再編 »

April 14, 2006

教育基本法改正

ホリエモンを引き合いに出して,自民党の要職にある人が教育が悪いので抜本的改革をといった。そんなこんなで教育基本法の改正の声が強く出ているのだろう。
しかし,考えてみれば,何かあるごとに汚れたお金に関する噂話が出てくるのは,自民党のエライ人たちではないか? ホリエモンがらみでも,うやむやになってしまったが。そんな人々が「拝金主義」の人が育ったのは教育のせいで,教育基本法改正が必要というのは筋が違う。
また,戦前から連綿と続く保守政治の結果として今日の教育があるのであって,教育行政に対する自分たちの責任を棚上げにして教育基本法改正というのは矛盾している。何かあると責任政党といいうが,何に対して責任をとっているのか?
文部省からがして,国旗国家を強要しない趣旨ととられれてもしかたない不明朗な国会答弁(文部大臣発言の議事録を読むと実に巧妙で,文言では「強要しない」とは必ずしも発言していない。玉虫色の内容)をして,国民には正直や愛国を強要。
米軍移転でアメリカのいいなりの人達に愛国を強制されたくない。白砂青松も山紫水明も,ことごとく土木の手にゆだね,いまだに防災という名で全国の河川で工事をし,若人には職を与えずに,何が愛国心か?
次に求めらるのは米軍の代理としての血潮か?

|

« 郵政民営化 | Main | 在日米軍再編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76764/9584177

Listed below are links to weblogs that reference 教育基本法改正:

« 郵政民営化 | Main | 在日米軍再編 »